歯科医の腕と親知らずの抜歯

歯科医の腕がよければ、難抜歯と呼ばれる親知らずでも素早く抜ける可能性が高いです。
新秋津の歯科
のサイトはこちらです。
厄介な生え方とは、斜めに生えているか、横に寝た形で生えている(水平埋伏)のどちらかです。まっすぐに生えている場合には、それほど抜歯に時間はかかりません。親知らずの抜歯の時間は、人によって違います。斜めに生えている場合には、あらかじめ歯の表面を削ったり、2つに分割して取り除かなければならないこともあります。水平埋伏はもっと厄介で、水平埋伏顎の骨を削ったり、歯を複数に分割しなければならないことが多いです。横に寝転んだ歯を上からそのまま引き抜くというのは不可能なので、分割しておかなければなりません。親知らずは必ず抜かなければならないわけではないですが、口腔トラブルの原因になりやすいので、問題があれば抜歯が基本です。

親知らずを抜く時間はどのような生え方をしているか、によって大きく変わってきますが、歯科医の腕も時間に関わってきます。斜めや水平埋伏のような難しい症例でも、短時間で抜ける歯科医もいます。分割するときには専用の器具で砕くのですが、この処置はある程度の実力がないと難しいです。まっすぐに生えている親知らずは一般歯科などの街の歯科で抜いてもらうことができますが、斜めや水平埋伏の場合にはある程度器具が揃っていないとリスクがある可能性もあるので、口腔外科で抜いてもらうのがおすすめです。

口腔外科は外科の処置を専門にしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *