歯科医になることを考える

今の時代では、数多くの高校生が医学部を目指しています。
千歳烏山の歯科のサイトはこちらです。

その数はいまだかつてないほどの志願者数になっています。

これも医師不足であり、専門的な医療関係の職業が人気であることなどが影響しています。

医療関係ではダントツの人気があります。

また、薬剤師も以前よりもかなり人気があります。
これは女性が長く勤められる仕事というように思われているためであって、6年制大学の薬学部でないと薬剤師になれない現在であっても、志願者はかなり多いといえましょう。

それに対して、歯学部というのは歯科医師になることができる学部であって、受験する人もいるのですが、第一希望で受ける人もいれば、医学部の滑り止めで受ける人もいたりします。

歯学部がそれほど人気がない理由として、歯科医師が現状でも過剰になり過ぎている状態だからです。

たくさんの歯科医院がある中で、うまく経営ができなくなると廃業をすることになってしまう場合もあったりして、やっていくのが大変になってしまうこともあるからです。

私立大学では6年間で3千万円以上もかけても、やっていけないような職業だと考えたときに躊躇してしまうということもあるのでしょう。

しかし、歯科医師というのも国家資格であり、一生やっていけるような専門職でもあります。

知識と技術があり、患者を第一に考えて、治療をしていくことができればしっかりとやっていける仕事なのです。

ですから、歯医者になろうと思ったら、立派な一人の社会人として社会に貢献できるように学ぶ必要があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *