歯医者の基本的な仕事と訪問ケアの重要性

歯医者になると、多くの場合で自分自身で開業した医院にて、業務を行っています。
勝どきの歯医者のサイトはこちらです。

他に、勤務医として働く歯医者も存在します。
歯医者が行う仕事は、歯や歯茎などに対する、口腔内の病気の治療です。
治療と同時に、予防の指導、施術なども行なってくれます。

多くの人がかかりやすい虫歯や歯周病などの疾患予防には、正しいブラッシングの指導を行ってくれます。

また、たまった歯石や歯垢を取り除くことで、虫歯や歯周病のリスクを抑える施術をしてくれます。

虫歯の場合は、その部分を削りとった後に、医療用の特殊な材料を詰めて、歯の機能を維持させます。

歯の神経まで損傷している時には、神経を取り除き、その部分に代用となるものを詰めます。

歯茎が腫れる、血が出る、歯茎が下がってきたなどの疾患に対しても、主に歯石や歯垢を取り除くことにより、回復を早めたり、疾患の悪化を防いだりしてくれます。

これらの治療や予防は、基本的に歯科医院に患者側が赴いて、行なってもらうようになります。
しかし、中には来院するのが難しい高齢者なども存在します。

このような人に対しては、歯医者が訪問することにより、治療や予防を行います。

患者の自宅や、老人ホームなどの施設、専門の医者が存在しない病院などへ向かうケースが多くあります。高齢者の死因として割合が高い肺炎は、口腔ケアで確率が下がるとされていることから、訪問歯医者による高齢者に対するケアが、とても重要な位置を占めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *