TOP > 注文住宅の間取りのコツ

注文住宅の間取りのコツ

おしゃれなお家にすみたい、木を生かした利便性が高くかつ個性的なお家にすみたい、デザイナーズハウスで優雅に過ごしたい…などなど、マイホームを注文住宅で購入するなら、夢が膨らみますね。

既存の建て売りとは違い、各人の想いを盛り込める形式のため、注文住宅は非常に人気があります。

函南町の注文住宅を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

そこで、注文住宅を計画する際、失敗しないためのポイントを挙げていきます。

まずは土地にあったデザインを設計することから始めましょう。


購入する土地は、平坦ですか、傾斜がありますか、他にも面積の広さはどのぐらいで、周りは住宅が多いのか自然が多いのか、通りから近いのかなどなど、環境や土地の状態にふさわしい住まいを企画しましょう。これを考慮せず、盛り込みたい間取りやデザインを重視しすぎると、大変アンバランスでトラブルだらけの住宅になってしまいます。

デザインの傾向が決まったら、風と光の通り道を確保します。

日当りや風通しが悪ければ湿気でじめじめしたりカビが生えたり…と不具合が多発します。

窓の配置や廊下の渡し方、吹き抜けや柱の位置など、細かいテクニックで随分変わるので、このあたりを相談できる有能な設計士を探しましょう。



そして、最終的に耐震性や耐久性の高い構造であるかどうかも確認しながら進めましょう。


いくら欲しい設備や間取り、デザインが盛り込めたとしても、強度が弱ければ話になりません。



専門家である、信用できる設計士を見つけ、じっくりと打ち合わせながら丁寧に作り上げて行きましょう。